クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

《マンモグラフィ稼働日時》
第1、第3、第5火曜日(15:00-18:00)
第2、第4金曜日(15:00-18:00)
毎週土曜日(9:00-12:00)
その他の日時は乳腺エコー(予約制)での対応となります。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック
4d1

日帰り中絶手術の流れ(予約〜手術〜術後検査)

初診時

  1. お電話またはインターネットにて初診のご予約をしていただきます。直接ご来院頂いても構いません。必ず保険証をご持参ください。
  2. 診察をさせて頂き、超音波検査にて胎児が子宮内にいるかどうかを確認させていただきます。胎児の大きさを測定し、正確な週数を出します。当院では入院設備がございませんので、妊娠11週6日までの中絶しかお受けしておりません。
  3. 手術日を相談し、当院の予約状況と患者様のご都合を確認し、手術日を決定させていただきます。この日に、併せて手術前に必要な血液検査を行います。(貧血の有無、血液型の検査、肝炎、HIVなどの感染症の検査等)
  4. 手術後に服用する抗生物質、子宮収縮剤、痛み止め等のお薬の処方箋をお渡し致します。お薬をお受け取り頂いて薬剤師よりお薬についての説明をお受けいただきます。(手術日は、麻酔がかかっているため、意識がはっきりしている初診の診察時にお薬をお渡し致します。)

※ 初診時にかかる全費用は、およそ16,300円 程(税別)です。

手術当日の流れ(日帰り手術)

  1. 手術を受けられる患者様には、前日21:00より絶飲食をお願いしております。
  2. 当日は、朝8:30までにご来院下さい。
  3. 回復室(ベッドのある部屋)にお入りいただきます。体調のチェックをし、血圧の確認等の術前準備を致します。
  4. 12:00〜13:00頃、処置室にお入り頂き麻酔を行います。人により、麻酔の効果は異なりますが、数種類の麻酔の組み合わせにより、ご本人のベストな状態にして麻酔が十分に効いていることを確認して手術を開始いたします。
  5. 手術時間は約10分〜15分ですが、麻酔が覚めるまでには、2〜3時間かかりますので、回復室にてお休みいただきます。(お迎えにこられる方は、平日15時~15時半 土曜14時頃にお願い致します。)
  6. 絶飲食で来院されるので、麻酔から覚めた後に、お茶とお菓子をお出しさせていただいております。食べられない方は、無理をされずに残して構いません。
  7. ご本人の意識状態、出血、子宮収縮の状態を確認し、退院とさせていただきます。
  8. 手術後は、前回お渡しした、子宮収縮薬、抗生物質、痛み止めなどを服用して下さい。

※ 当日は、日帰り手術ですので、ご自分でお車や自転車を運転して来られることはおやめください。麻酔をかけますので、運転してお帰り頂くことは安全のためにお断りしております。また、麻酔が覚めてからお帰りいただくようにしておりますが、人によって当日中は、ふらつき、めまいが残る方もいらっしゃいます。お迎えの方にいらしていただくことをおすすめいたします。(目安は夕方4時頃です)

手術費用

10万円〜(税別) 

手術費用・料金について詳しくはこちら

手術当日の持ち物

生理用ショーツ、夜用ナプキン(3枚)、手術同意書

手術後の流れ、ご注意

  1. 手術後の炎症、出血などの状態を確認させていただくために、手術後は、2日後〜1週間後を目安としたご都合のよろしい日時に、診察においで下さい。
  2. シャワーは翌日から大丈夫です。仕事や外出、軽い家事などの日常生活は、無理のない程度に今まで同様に生活していただけます。出来れば手術後2〜3日は安静にしていましょう。
  3. 手術後の出血の量は、人によって非常に個人差があります。手術直後から全くない方、手術直後がなくて、数日たってから急に出血が見られる方、最初から出血が多い方など様々です。また、血のかたまりのようなものが出てくる場合もあります。出血は7日前後で止まってきます。
  4. 抗生物質、子宮収縮剤などの出されたお薬は、手術後の、万一の合併症を予防するために必要なお薬ですので、必ず飲んでください。風邪薬を服用中の方であっても、一緒に服用して頂いて構いません。
  5. 性交渉は2週間程度避けてください。その後もまだ感染しやすい状況が続きますので、必ずコンドームを付けてください。手術後、生理がまだ来ていなくても妊娠する可能性はありますので、避妊が必要です。
  6. 術後は、頭痛、めまい、肩こり、下腹のはり、気分の不安定などの症状が出やすいので、無理をなさらないようにして下さい。
  7. 今後も継続して妊娠を希望なさらない方には、低用量ピル等の安全な避妊方法についてのご説明をさせていただきますのでご相談下さい。

低用量ピルについて詳しくはこちら