クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

プラセンタ注射

こんな症状でお悩みの方に

プラセンタ注射とは

プラセンタは赤ちゃんとお母さんをつなぐ胎盤から抽出された成分で、体内に直接取り入れることにより新陳代謝が促進されて細胞が活性化されます。プラセンタの最大の特徴は自然治癒力の増大と言われています。更年期障害、乳汁分泌不全には保険診療が適応となる場合がありますので、ご相談ください。また、細胞呼吸促進、創傷治癒促進、抗疲労、新陳代謝の改善などの作用が認められております。その他、自費診療にはなりますが、炎症を抑え免疫機能を高めるため、 アトピー・リュウマチ・アレルギーや、肩こり・腰痛・関節痛も改善する方もおられます。生理痛、生理前にニキビが悪化する、お肌の衰えが気になる、肌荒れ、しみ、そばかすが気になる、疲労回復、肩こり、腰痛、慢性疲労、寝付きが悪い、熟睡できないなどにも効果がある場合がございます。自然治癒力を高めるため、風邪もひきにくくなる方もいます。

 

プラセンタ注射の費用

メルスモン 料金 ※自費診療は税別表示
保険(再診) 340円 (再診料220円+メルスモン1A 120円)
保険(再診) 500円 (再診料220円+メルスモン1A 120円+外来管理加算160円※)
保険(初診) 970円 (初診料850円+メルスモン1A 120円)
自費(再診) 1000円 (メルスモン1A 1000円)
自費(初診) 1850円 (初診料850円+メルスモン1A 1000円)

 

ラエンネック注射 料金
(3割負担)
※自費診療は税別表示
保険(再診) 340円 (再診料220円+ラエンネック1A 120円)
保険(再診) 490円 (再診料220円+ラエンネック1A 110円+外来管理加算160円※)
保険(初診) 960円 (初診料850円+ラエンネック1A 110円)
自費(再診) 1000円 (ラエンネック1A 1000円)
自費(初診) 1850円 (初診料850円+ラエンネック1A 1000円)

※外来管理加算は、再診で医師が懇切丁寧な治療を行った場合にのみ加算されます。当院では、プラセンタ注射の場合では、更年期障害の方が肩こりなどに悩み、本人が医師によるプラセンタのツボ注射を希望する場合等にのみ加算されます。

このような症状がある方はご相談下さい

プラセンタ注射が保険適用となりますのは、医師の診断の結果、更年期障害または乳汁分泌不全であると診断された時に限られます。
更年期障害とは、45~55位までの女性ででのぼせ、ホットフラッシュ(発汗)、ほてり、イライラ、動悸、めまい、息切れ、疲労、肩こりなどの他不定愁訴が見られる場合に、医師がお話を伺い、ご希望の場合には、血液検査などの結果と併せて診断を行います。
乳汁分泌不全とは、産後1年以内で授乳の出が悪い方を乳汁分泌不全と診断を行います。ご希望の場合には、併せて乳房マッサージなどをおすすめすることもございます。
更年期障害の場合はメルスモン注射、乳汁分泌不全の場合はラエンネック注射が保険適用となります。
更年期障害の方は週に2回(1本×2回)まで、乳汁分泌不全の方は週に1回(1本×1回)までが保険適用の目安となり、追加分は自費扱いとなります。

禁忌・慎重投与・副作用

薬物過敏症の患者様への注射は禁忌となっております。また、アレルギー体質の患者様へは慎重投与となっておりますので、当院ではお受けいたしておりません。その他、わずかではありますが、注射部位への発疹や疼痛などの副作用が報告されています。プラセンタ注射は、ヒトの胎盤を使用しています。原料提供者への渡航歴等の問診、血清学的検査によってウイルス・細菌の感染症等をスクリーニングし、更に核酸増幅検査(NAT)を実施し、適合した国内のヒト胎盤を製造に使用しています。さらに、ウイルス不活化を目的とした製造工程において101℃以上、1時間以上の塩酸加熱処理及び121℃、60分間の高圧蒸気滅菌を実施しています。しかしながら、現在の技術では検出限界以下のウイルスについては混入している可能性を完全に否定しきることはできません。現在までに本剤の投与により変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)が伝播したとの報告はありませんが、ヒト由来製剤であるため、この点を医療広告ガイドラインの規定により追記させて頂きます。患者様におかれましては、ご理解頂きますようお願い申し上げます。(なお、これまで当院でお受け頂いている患者様には院内にて同様の内容の同意書を頂いております。)