クレジットカード

クレジットカードが使えます。

診療時間について

 
午前
午後

9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了30分前で終了)

※土曜日は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00休憩)の診療です。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
   ヘルスケア大学 フェイスブック

マンモグラフィの有用性

乳がん検診の診療で患者様からよく聞かれる質問のひとつに「マンモグラフィと超音波検査のどちらを受診すれば良いでしょうか」といった内容があります。少し前のこととなりますが、平成31年3月に日本産婦人科乳腺医学会において「産婦人科としての乳腺疾患スクリーニングの役割」という発表をさせていただく機会を頂戴し、マンモグラフィと超音波検査による総合判定を行っている当院の取り組みを発表させて頂きました。
そこで今日は、マンモグラフィと超音波検査の両方を受診いただくことを患者様に勧める理由について説明させて頂きます。

乳がんは女性の罹患率1位のがんであり、11人にひとりの女性が生涯で乳がんにかかるというデータがあります。(国立がん研究センター 最新がん統計より) 我が国では1987年から問診と視触診による乳がん検診が開始されましたが、問診と視触診のみでは、乳がんの死亡者数を減少させる効果は得られませんでした。そこで、2004年より40才以上の女性を対象にマンモグラフィ検診が導入され、それ以降マンモグラフィを原則とした乳がん検診を2年に1回の受診するように市町村主導で推奨されています。

マンモグラフィ検診はしこりとして触れる前の早期の乳がんを発見できる可能性の高い検査で、欧米では乳がんによる死亡者数を20~30%減少させています。実際に、欧米では2年に1回の割合でマンモグラフィ検診を受診される人が約60~80%に達していて、乳がんの死亡率は減少しています。一方、日本人のマンモグラフィ検診受診率は最近になって少しずつ増加してきていますが、なんとか30%を超えた位で乳がんでお亡くなりになる人は依然として増えているのが現状です。日本人女性の乳がん死亡率を下げるために、多くの方がマンモグラフィによる乳がん検診を受けて頂く事を望ましいことは言うまでもありません。

日本人に多いデンスブレスト(dense breast)

上述のように我が国では、欧米に比べてマンモグラフィ検診の受診率が低いという問題に加えて、日本人は欧米人と比較して乳房が小さく、高濃度な乳腺が多いのでマンモグラフィで描出されにくい場合があるという、いわゆる デンスブレスト(dense breast)という問題があります。デンスブレストとは「高濃度乳腺」と訳されており、乳腺の濃度が高い為にマンモグラフィで白く写る乳腺を示します。乳腺組織の量は年齢によって変化し、妊娠期や授乳期に多く、乳房の大部分を占めますが、授乳期が終わると萎縮していきます。この萎縮の程度や速さには個人差がありますが、一般に日本人(特に若年者)は欧米人と比べて乳腺の濃度が高いためにデンスブレストの方が多いといわれております。

デンスブレストの問題点は

①マンモグラフィではがんも白く写し出されるために検出しにくい。
②デンスブレストの方はがんの発症率が高くなる。  ということにあります。

我が国の乳がん罹患率のピークは40歳代であるにもかかわらず、乳腺の多い40代までの方や、高齢でも乳腺が多く残っている乳房ではマンモグラフィでは全体が白く写ってしまい乳がんの検出が難しいことがあるのです。日本人の40代の女性では8割近い方がデンプレストで、50代にも多いというデータもあり、ご自分の乳腺の濃度を知っておく事は非常に重要です。米国では州によっても異なりますが、マンモグラフィを受けた本人に乳腺の濃度の情報を提供する法律の整備を行っていますが、日本ではまだこのような取り組みは行われておりません。

我が国におけるマンモグラフィによる検診は精度管理も整っており有効な事は確かでありますが、前述した高濃度乳腺の方では正常な乳腺組織の中に存在する乳がんを区別できず、見落としてしまう可能性があり、そういう場合にはマンモグラフィ検査に超音波の検査を追加することによって乳がん発見に役立つことがあります。

マンモグラフィでは正常乳腫も乳がんも白く描かれるので、その区別(判定)が難しいことがありますが、超音波検査では乳腺組織は白く、多数の乳がんは黒く描かれるため、比較的発見しやすいという利点があり、マンモグラフィとは異なり放射線の被爆もなく乳房のしこりが良性か悪性かを判別するのに非常に有効です。

マンモグラフィと超音波検査の併用による総合判定が必要な理由

この高濃度乳腺の問題を受けて、我が国では「乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験(J-START)」という検証を行っていますが、まだ最終的な結論は出ていません。そのため、乳房超音波検査は検査を行う人の技術に大きく依存する超音波検査であるにもかかわらず、日本ではマンモグラフィのように精度管理が整備されていません。具体的には、マンモグラフィでは認定医師しか読影を行うことが出来ず、撮影を行う放射線技師も認定を受けた技師のみしか撮影を行うことができない上に、認定は更新制となっていて医師・放射線技師ともに技術の向上に努めなければならいのですが、乳房超音波検査にはこのような制度は存在せず、医師や臨床検査技師の資格があれば誰でも行うことができます。(付け加えるとマンモグラフィは撮影装置においても細かな精度管理が求められていますが、乳房超音波にはそのような精度管理はありません。)

さらに、超音波検査では、早期のがんのサインである細かな石灰化まではわかりにくいという問題点もあります。したがって、現在我が国では、マンモグラフィに超音波検査を併用して乳がん検診をする総合判定が提唱されはじめてきており、日本乳癌検診学会総合判定委員会が、その普及に力を入れています。将来的には、我が国の乳がん検診においても、マンモグラフィと超音波の併用による総合判定が自治体で採用されたり、一人一人の乳腺の濃度に合わせた選択制の検査が行われるような時代が来るのかもしれません。

当院における乳がん検診

これまで説明してきましたように、マンモグラフィと超音波にはそれぞれ優れた点があります。まとめますと、

マンモグラフィ

広い範囲の読影が可能で、ごく早期の乳がんのサインである石灰化や構築の乱れ(がんによる乱れ、へこみ)発見することができます。さらに我が国では精度管理の仕組みが整っており、認定を受けた医師や放射線技師しか読影・撮影を行うことが出来ないため、マンモグラフィで判断できる範囲内であれば、一定の検診精度が保証されています。
しかし、日本人のとくに40代以下の方に多いデンスブレスト(高濃度乳腺)の人では、正常の乳腺組織のなかにある乳がんを区別してみつけるのがむずかしい場合もあります。

乳房超音波検査

乳腺の発達している若い方、いわゆるデンスブレスト(高濃度乳乳腺)の人であっても、しこりを見つけ出すことができます。そのため、個人差はありますが30代~40代などの比較的若い女性に向いている検査です。痛みもなく放射線被曝もありません。しかしながら、早期の乳がんのサインである石灰化をみつけるのには適していません。さらにひとりひとりの乳房を時間をかけて超音波にて調べていく必要があり、検査を行う人の技術に大きく依存する超音波検査であるにもかかわらず、現在のところ国による精度管理が整備されていないので、見落としをしないような高いスキルをもった検査技師や医師による一定の検診精度が保証されているとは言い切れない現状にあります。

このような現状ですので、マンモグラフィと乳房超音波検査の併用による総合判定が望ましいことは明らかであるのですが、現在のところは総合判定が医療従事者に広く浸透しているとは言い難い状況にあります。横浜市の乳がん検診においては、マンモグラフィにおけるデンスブレスト(高濃度乳腺)の問題を補完する意味で視触診の継続がされておりますが、本年度から患者様の選択制となり、省略することも可能となりました。デンスブレスト(高濃度乳腺)の方は、視触診で触れることができるような大きさの乳がんでさえも、ごく稀ではありますがマンモグラフィで判別が難しい場合もあることを考えますと、今後自治体の視触診が全面的にカットされるようなことがあるのであれば、乳房超音波検査併用による総合判定の必要性はますます高まっていくと言えるでしょう。(実際に川崎市など一部の自治体においては視触診が全面的にカットされはじめているようです。)

当院ではマンモグラフィと超音波による総合判定を一日で施行することができ(総合病院だと当日にマンモグラフィ、乳房超音波が同日にできない不自由さがあります)悪性の疑いがある時は同日に高度医療施設にご紹介させて頂いております。これからも自己の研鑽、検査技師の技術の向上、数々の整備の向上等で精度の高い乳がん検診を目指してまいりたいと思いますので、気になる事がありましたらまずぜひ当院までご相談下さい。

横浜市乳がん検診(公費)+超音波検査(自費/保険)による総合判定も可能

横浜市にお住いの40歳以上の方であれば横浜市の助成を受けて2年に1回1,370円の自己負担でマンモグラフィと視触診を受診頂くことができます。また、本年度41歳になる横浜市民には、乳がん検診の無料クーポンが送付されています。
当院では、この横浜市乳がん検診の制度に自費での乳房超音波検査(5,000円)を追加することにより総合判定を受けることが可能です。昨年4月より特定検診と保険診療との同日実施が認められたことが自治体がん検診にも適用されており、症状があり医師が必要性を判断した場合は、乳房超音波検査において保険が適用される場合もあります。
さらに当院では、横浜市乳がん検診と横浜市子宮頸がん検診の同日受診もお受けしております。横浜市子宮頸がん検診は、20歳以上の横浜市民であれば横浜市の助成を受けて2年に1回1,360円の自己負担で子宮頸がん検診を受診頂くことができます。がんは早期発見・早期治療が大切ですので、ぜひこの機会をご利用下さい。ただし、乳房超音波検査と子宮内超音波検査の同日での保険算定は認められておりませんのでご了承ください。

横浜市乳がん検診・子宮頸がん検診については詳しくはこちらをご覧ください。