クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

卵管炎・卵巣炎

卵管や卵巣が炎症を起こす病気です。
卵管は炎症を起こしやすく、卵巣にまで炎症が及ぶことがほとんどです。卵管と卵巣を合わせて子宮付属器というので、卵管炎・卵巣炎を合わせて子宮付属器炎ともいいます。

炎症の原因は大腸菌・ブドウ球菌・クラミジア・淋菌などの感染症です。性交渉や、タンポンの長時間使用、などで膣に感染し多くの場合膣炎から子宮頚管炎、子宮内膜炎と炎症が広がって付属器に炎症を起こします。付属器炎がさらに広がると骨盤腹膜炎を起こします。

このように、卵管炎の原因のほとんどは性感染症の原因菌によるものです。特に、近年若年層に非常に多くみられるクラミジアや淋菌感染による卵管炎は、炎症が軽ければほとんど症状は出ないことも多く、多少おりものが増える程度のこともあります。

しかしながら、卵管炎になると、卵管に癒着が起きて、卵管が詰まってしまい、不妊や子宮外妊娠などにつながることもあります。したがって、最近おりものが増えてきたなと感じたら、若い方であっても将来の妊娠のために積極的に婦人科を受診するようにしましょう。また、下腹部の痛み発熱、や性交時の痛みがあるときには、できるだけ早く婦人科を受診してください。
急性期には高熱が出たり、激しく下腹部が痛むなどの症状があり、おりものも増えます。炎症が慢性化すると熱などの症状は治まりますが治ったわけではなく、卵管が周囲の臓器と癒着したり卵管内に膿がたまって卵管留膿症になったりして不妊や子宮外妊娠の原因になります。

卵管炎・卵巣炎の治療

治療法は、抗生物質の投与や消炎剤での治療を行います。症状が軽い場合には、飲み薬での治療も可能ですが、症状が強い時は点滴や注射を行います。症状が重い場合にはできるだけ安静にし、無理は禁物です。入浴や性交渉も医師の指示に従い控えるようにします。
症状が治まったからといって途中で治療をやめてしまうと、慢性化や習慣化をまねきます。

慢性化により他の臓器との癒着がひどくなってしまった場合や、薬の投与と安静では症状が改善しない場合には手術をして病巣を取り除くこともあります。おかしいな、と思ったら早め早めに婦人科を受診し、服薬や点滴などの治療を受けるように心がけてください。

また、卵管炎を引き起こすような性病にかかることのないよう、コンドームを使用し、定期的にカップルで性病の検査を行うことも重要です。