クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

ミレーナ・ノバTのよくあるご質問

ミレーナを装用して1ヶ月出血を繰り返していますが、ずれたりしているのではないかと心配です。
ミレーナの副作用として(マイナートラブル)月経以外の不正出血が見られる方がいらっしゃいます。
これは、ミレーナにホルモン剤が入っているために一部の方に見られる副作用で、ミレーナがずれたわけではありません。子宮内がミレーナの濃い黄体ホルモン(ノボノルゲストレル)の状況に慣れるまでは3~4ヶ月(長い時は6ヶ月)毎日のようにさらに不定期に出血が続くこともあります。予測は困難で不正出血の時期や量には個人差があります。使用期間の5年のうち、最初の数ヶ月は出血があることをご容赦ください。

 

しかし、最初の数ヶ月が過ぎれば、月経量は「私、閉経してしまうんですか?」とお問い合わせがあるほど減りますし、月経痛はかなり改善するとのご回答をいただいております。
実際に診療しておりましても、ミレーナの副効用(=良い作用)である月経痛改善や月経過多の改善は、最初の数ヶ月間の不正出血というマイナートラブルをおぎなって余りあるものと考えております。

出産後避妊リングはいつから可能ですか?
ミレーナもピルも赤ちゃんが生後6ヶ月を過ぎればOKです。(赤ちゃんが母乳だけに栄養を依存しなくなっているためです)
避妊リングを入れていてCTやMRIを受診出来ますか?
ノバTは銅が付加されており、金属製なのでCTではリングが写る以外問題はないと思われますが、MRIでは外さなければいけないことがあります。ノバTを入れた方がMRIを受診する際には、MRIを撮影する医師までノバTを入れている旨を相談して下さい。反面、ミレーナはMRI・CT共にOKです。
ミレーナにはホルモン剤が入っているそうですが、肝斑(カンパン)にはなりませんか?
肝斑とは茶褐色のシミが両側の頬付近にモヤモヤと発生するもので、肝臓のような形で出ることからそういわれています。肝斑が出る人は意外に多いとされ、主に30代以降に現れるシミで特に妊娠中やピルを服用していると発生率が少し高くなることから女性ホルモンのバランス異常が原因とされています。

 

同じホルモン剤であるピルの継続服用で肝斑(カンパン)が増加する人がいるとされている一方で、ミレーナは黄体ホルモン単剤であり、かつ子宮への局所作用なので肝斑のリスクはないと考えられています。

ミレーナとノバTどちらにしたらいいか分からないため違いを教えてください。
・ノバT(銅付加タイプ)
銅イオンが放出し子宮内の粘膜が増え、精子の侵入・受精を阻害する

 

・ミレーナ(ホルモン付加タイプ)
IUDの着床阻害効果とピル効果を併せ持つ。黄体ホルモン(プロゲステロン)が放出され子宮内膜が徐々に薄くなる。月経困難症・過多月経の方には保険適用あり。過多月経はなくなるが、少量持続出血を認めることがある。

上記の肝斑(カンパン)についてでも記載しておりますが、ミレーナには少量で局所的ではありますが、ホルモン剤が入っており、ピルで超低用量のピルでも吐き気が治らなかったなどの経験がある方(ごく稀にですがいらっしゃいます)には、経験的にノバTをおすすめしております。

一方、ミレーナは月経困難症・過多月経の方には保険適用も開始されており、一般的にノバTよりも選択される方は多くなっています。費用面での違いもありますので、患者様個人でよくお考えの上で、ご来院いただければありがたいです。(もちろん、どちらが良いかのご相談にも応じます。)

なお、ミレーナとノバTの違いや費用については、こちらのページにも詳細を記載しておりますので、ぜひご一読下さい。
「避妊リング(ミレーナ・ノバT)」詳しくはこちら