クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

妊婦健診の費用とよくある質問

今回は、当院の妊婦健診で行っている検査項目、費用等につきまして詳しくお知らせいたします。
当院は産科セミオープンシステム登録施設として、他院での分娩や、里帰り分娩をされる方の妊婦健診を行なっております。

産科セミオープンシステムとは?

通常の妊婦健診は近くのクリニックや医院で行い、夜間休日の緊急事態、分娩などは提携病院にて行うシステムです。それにより、当院での妊婦健診は完全予約制なので待ち時間も少なく、毎回担当医が変わる不安などもありません。また、当院では13週以降からは毎回4D超音波で健診が受けられ、DVDへの録画も行います。思い出に残りますので、大変ご好評いただいております。

当院の診療姿勢

希望してもいないのに、たくさんの検査をされて高額な費用がかかった経験はありませんか。当院では、必要な検査は行いますが、余分な検査は一切行いません。利益追求に走らずに、医学的見地から必要な検査を、産婦人科学会で定められているガイドラインに沿って行い、さらに患者様の訴えや年齢や既往歴、ご出産先の病院を伺い、周産期専門の産婦人専門医として長年の経験から行った方が良いと認められる検査のみを追加して行います。

妊婦健診料金

妊婦健診は自費診療となりますので、健康保険は適用されません。ただし、何か問題が生じたとき(例えば糖尿病合併、貧血や便秘など)はその治療や検査に関わる料金は保険扱いとなります。また、母子手帳交付後の妊婦健診においては、自治体(区市町村)からの補助券を使用できます。

基本健診料金に、該当の週数には検査料金が追加にされた金額が健診費用総額になります。
その総額から補助券の金額を差し引いた金額が、患者様の自己負担金額となります。
補助券は、健診1回につき1枚のみご利用いただけます。
ただし、下記の場合は、決まりによって補助券をご利用頂くことが出来ません。

◆補助券が利用できない場合

1) 初診~心拍確認まで(母子健康手帳交付前であるため。)
2) 保険適用となる検査や投薬を行った場合の検査料金、処方箋料
(同時にご負担いただく基本健診料金部分にはお使い頂けます。)
3) 健診費用が補助券の金額を下回る場合

◆補助券:横浜市の場合 14枚

4700円補助券 11枚
7000円補助券 1枚
1万2000円補助券 2枚

◆当院でお使いいただける補助券

神奈川県の補助券は全てお使い頂けます(横須賀市を除きます)
当院で健診の場合、健診終了時に目安として4700円券3~4枚、1万2000円券が1枚残ります。
残った補助券は、後期健診(分娩先での健診)にてお使い頂けます。

◆当院における妊婦健診総額のモデルケース(Aさんの場合)

日付 診療内容 妊婦健診総額① 補助券金額② 自己負担額
①-②
11/24 妊婦健診初診+初期検査(細菌、性病)※ 7,500円+1,570円※ 利用不可 9,070円
12/9 妊婦健診+初期血液検査+子宮頸がん 6,000円+13,000円 12,000円 7,000円
12/23 妊婦健診 6,000円 4,700円 1,300円
1/19 妊婦健診+4DエコーDVD代(初回のみ) 6,000円+500円 4,700円 1,800円
2/20 妊婦健診 6,000円 4,700円 1,300円
3/19 妊婦健診+中期培養※+内診 6,000円+900円※+500円 4,700円 2,700円
3/31 妊婦健診 6,000円 4,700円 1,300円
4/12 妊婦健診+スクリーニング 6,000円+1,000円 4,700円 2,300円
4/28 妊婦健診+中期採血 6,000円+3,200円 7,000円 2,200円
5/11 妊婦健診+紹介状+処方箋(便秘) 6,000円+2,000円+200円 4,700円 3,500円
当モデルケースの場合、4700円券4枚(3枚の場合もあり)、1万2000円券が1枚残ります。残った補助券は、後期健診(分娩先での健診)にてお使い頂けます。

利用済み券12,000円1枚
7,000円1枚
4,700円7枚

自己負担額合計32,470円

注)※印の検査項目は補助券をお使い頂けません。
注)2016/8/1から料金改訂。上記は改訂後のモデルケースとなります。

◆基本健診料金(上記モデルケースに含まれております※心拍確認2,500円を除く)

項目 健診料金 補助券利用
妊婦健診(初回) 7,500円 利用できず(母子手帳交付前のため)
心拍確認まで
(初回に心拍が確認できなかった場合)
2,500円 利用できず(母子手帳交付前のため)
妊婦健診(2回目以降) 6,000円 利用可能

注)妊娠24週までは4週間ごと、24週以降は2週間ごとの健診となります。
注)2016/8/1から料金改訂。上記は改訂後の料金となります。

◆検査料金(上記モデルケースに含まれております)

項目 検査料金 補助券利用

妊娠初期検査(妊健初回時)
(細菌、性病)

1,570円※

母子手帳交付前のため補助券をお使い頂くことができません。

子宮頸がん検査
(7~9週時)

  - 専用補助券にて自己負担なしでお受け頂けます。
妊娠初期血液検査
(7~9週時)
13,000円 利用可能

胎児スクリーニング
(20〜24週)

1,000円 利用可能
妊娠中期培養検査※
(24週時)
900円※ こちらの検査料金には利用できません。
同時に支払う基本健診料金にはご利用頂けます。
妊娠中期血液検査
(28週時)
3,200円 利用可能

注)週数はあくまでも目安です。他に、24週前後に経膣超音波にて経管長、胎盤位置の確認を行なっております。
注)※印の検査項目は補助券をお使い頂けません。
注)2016/8/1から料金改訂。上記は改訂後の料金となります。

◆その他の費用(希望者のみ)

項目 料金
出生前検査(クアトロテスト) 15,000円
すくすく健診(助産師外来) 2,000円
紹介状(分娩予約時と転院時に必要) 2,000円

注)クアトロテスト検査は13週~17週に行い、結果が出るまでに2週間ほどかかります。検査ご希望の際は早めにご相談下さい。
注)2016/8/1から料金改訂。上記は改訂後の料金となります。

◆当院で健診を行う頂く週数

病院名 紹介状を渡す週数
けいゆう病院 中期採血の次の健診来院時(29~31週)
横浜市民病院 中期採血の次の健診来院時(29~31週)
みなと赤十字病院 中期採血の次の健診来院時(29~31週)
大口東総合病院 中期採血の次の健診来院時(29~31週)
里帰り(その他) 31~33週前後が多い

よくあるご質問

◆里帰りの方の緊急対応

里帰り分娩を希望される方は夜間休日に緊急で診察が必要な万一の場合の対応先として、横浜市立市民病院に緊急カルテづくりを行なっていただきます。
当院は夜間・休日対応をお受けしていないため、万一の場合の救急車によるたらい回し搬送などを防止することが目的です。患者様にはお手数をお掛け致しますが、患者様の安心につながりますのでご理解・ご協力をお願い申し上げます。

◆子連れで診察できますか?

妊婦健診のたびに上のお子様を預けての通院はお母さんの負担も大きく大変です。また、お腹の赤ちゃんをおかあさんと一緒に見て頂くことは、上のお子様にとっても、これから生まれる赤ちゃんにとっても喜ばしいことです。したがって、当院では、お子様連れでの診察を歓迎しております。
ただし、お子様が歩き回ったりぐずったりして、診察が物理的に難しいことが予想される場合には、上のお子様を見て下さるご主人様やおばあさまやご友人もお連れ下さいますと、医師や助産師や技師も、よりじっくりと胎児を診察させて頂くことが出来ますので、可能な場合にはご配慮下さい。

◆パートナー(夫、婚約者、彼)や両親、家族も一緒にエコーを見れますか?

当院では、妊娠13週以降は、毎回4Dにて診察させて頂いておりますので、ご主人様もご家族様も是非ご一緒にご覧になって下さい。(あまりに大人数の場合は、スペースの関係上、ご相談下さい。)

ただし、妊娠12週までは、内診室での経腟エコーとなります。内診室は膣部の診察になりますので、妊婦さんご本人への配慮から、内診室内への男性の立ち入りをご遠慮頂いております。ただし、お子様はご一緒に内診室へお入り頂けます。内診室内では、お子様の安全の為、看護師が一時的にお子様を抱っこさせて頂くことがありますのでご了承ください。

◆性別を教えてもらえますか?/性別を教えないでもらえますか?

患者様のご要望に沿って、ご対応させて頂いております。4Dエコーでの超音波健診がはじまる13週になりましたらご相談ください。

◆性別はいつ分かりますか?

週数が小さいと描出も不正確なため当院では20週以降にお伝えする事が多いです。
20週以前でも、明らかにわかる場合には可能性をお話しすることもあります。

◆逆児の対応は?

胎児は30週前半までぐるぐる動きますし、それ以降でも逆児がなおる場合もあります。体操等の対応時期は分娩先に行かれてから、各病院の指示にしたがって下さい。

◆むくみの対応は?

足のむくみには着圧ソックス(市販のもので構いません)をおすすめしています。塩分の摂りすぎにもご注意ください。

◆ 腰痛の対応は?

とこちゃんベルトの装着、マタニティマッサージ、マタニティ整体に行かれることをおすすめします。当院でもとこちゃんベルトの購入ができ、助産師外来でベルトの装着方法もお教しています。

◆ 運動しても良いですか?

安定期(16週以降)であれば問題ありませんが、運動することでお腹の張りが持続したりする場合は避けてください。あまり無理はせず自分のペースを守ることも必要です。所定の書類に記載が必要な施設もありますのでご希望の患者様はご持参ください。

◆ 旅行に行っても良いですか?

旅行中に無意識にたくさん動きまわったりすることで、お腹が張ったり体調不良になることがあるので妊娠中の旅行はおすすめできませんが、どうしてもご希望の場合には、万一の時にそなえて、医療行為を受けられる国内である方が望ましいとご説明しております。

◆ 飛行機に乗っても良いですか?

飛行機の気圧は母体には影響ありませんが、週数が大きくなると搭乗できない場合もあるのであらかじめご確認ください。

◆ 3D/4D画像で髪の毛は見えますか?

髪の毛、眉毛、まつ毛など毛類の描出はできません。

◆ 出生前検査は受けたほうが良いですか?

当院で行なっている検査はトリプルマーカー検査となりますが、これによってわかるのは染色体の異常の確率のみで、その他の疾患に関しては分かりません。(その他疾患の有無については、エコーによるスクリーニングで毎回、詳しく診てまいります。)

トリプルマーカーの結果、確定結果を得たい場合は羊水検査やNIPT(母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査)が必要になりますが、羊水検査は羊膜に穴をあけて注射器で羊水を摂取するため、出血や羊水流出、感染などのリスクがありますので当院ではお受けしておりません。また、NIPTは現在のところ、対象の施設が指定の総合病院等に限られており、当院ではお受けしておりません。

そのため、出世前検査で染色体異常の確率だけわかっても、不安をあおるだけの結果になる場合があることから、ご家族でよく話し合ってから検査をうけられますことおすすめしております。