クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

生活習慣病検査項目一覧(ヘルスチェックプラス)

生活習慣病検査項目一覧(ヘルスチェックプラス) +5,000円(自費のみ)

ヘルスチェックプラスを追加することで、標準的な婦人科検査だけでなく、一般的な健康診断の採血項目を加えることができます。
一度の採血で、婦人科疾患だけではなく、生活習慣が起因するさまざまな疾患までを同時に検査することができ、女性の健康をトータルにチェックすることが可能です。
婦人科専門クリニックという特性上、胸部X線検査、胃の検査(胃カメラ・バリウム・腹部超音波)は行いません。
そのため、胃カメラ・バリウムが苦手な方でも、気軽に健康への意識を高めていただくことが出来ます。

※ 胃や腸といった消化器系の検査も受けたい方は、消化器専門クリニックで別に受診を希望される事をおすすめ致します。
※ 胸部X線検査・視力・聴力検査を含まないため、お勤め先等へ提出する法定健康診断としてお使い頂くことは出来ません。

このような方に 検査項目 費用検査内容

尿検査

比重 腎臓の働きに異常がないかを調べます。
pH 腎盂腎炎や尿路感染症、糖尿病や脱水などの疑いがないかを調べます。
蛋白 腎機能障害や尿路(尿管・膀胱・尿道)の異常がないか調べます。
健康な場合でも激しい運動やストレスなどにより陽性になることがあります。
陽性の場合、糖尿病が疑われます。腎臓の働きが落ちた場合にも尿糖がでます。
潜血 腎盂腎炎・尿道炎・膀胱炎・前立腺炎・急性腎炎・腎尿路系の結石や腫瘍などで陽性となる場合があります。生理中の場合も陽性となることがあります。
ケトン体 糖尿病だけでなく、妊娠悪阻、過度のダイエット、下痢、嘔吐、激しい運動後、などの場合に陽性を示すことがあります。
ウロビリノーゲン 胆汁色素の代謝異常や肝細胞の障害などで増加を示します。
尿沈査 尿を遠心分離器にかけたときに沈殿してくる赤血球や白血球、細胞などを顕微鏡で観察し、腎臓などの異常の診断をします。

肝機能検査

GOT,GPT 肝臓に多く含まれる酵素です。肝臓障害、心筋梗塞、胆道系の診断に有効な検査です。
LDH 急性肝炎や肝臓がん、あるいは心筋梗塞のときに著しく増加します。そのほか、慢性肝炎や肝硬変などの肝臓病、腎不全、悪性貧血でも高値を示します。
ALP 肝臓や骨に多く含まれる酵素です。肝臓疾患、悪性腫瘍、骨疾患、妊娠などで値が高くなります。
y-GTP 特にアルコールに敏感に反応し、アルコール性肝臓障害の目安になります。

膵機能検査

アミラーゼ 消化酵素の一つで主に膵臓や唾液腺から分泌されます。高値の場合は膵臓の病気などを疑います。

脂質検査

総コレステロール、中性脂肪 血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなりすぎると、動脈硬化症や心臓病などの循環器障害の原因となります。
HDL/LDLコレステロール 総コレステロール値が高くなくても、HDL(善玉)コレステロール値が低いと、動脈硬化が進んで狭心症や心筋梗塞を引き起こしやすいことがわかっています。LDL(悪玉)コレステロールは増加すると動脈硬化を促進させます

痛風検査

尿酸 血液中の尿酸値を測定する検査です。高尿酸血症、痛風の有無を調べます。

腎機能検査

クレアチニン
尿素窒素(BUN)
血液中に含まれる老廃物です。高値の場合、腎臓や心臓の障害が疑われます。

一般血液検査

白血球数 感染症や炎症の有無、血液の疾患などの診断に不可欠な検査です。極めて高値の場合には、白血病や敗血症などが疑われます。低値の場合は、骨髄の働きの低下が疑われます。
赤血球数 身体中に酸素を運ぶ大切な役割をしています。少ないと酸欠状態になり、貧血を引き起こします。多すぎる(血液が濃くなる)と、流れづらく血管が詰まりやすくなります。

貧血検査

ヘモグロビン 赤血球の成分のひとつで、「血色素」とも呼ばれます。貧血の診断の指標となります。
ヘマトクリット ヘマトクリットとは、一定量の血液に含まれている赤血球の割合です。低値の場合は貧血、高値の場合は脱水症状、多血症が疑われます。
血小板数 血小板は出血を止める働きをします。血小板数が少ないと、血が止まりにくくなります。高値の場合は、悪性腫瘍、鉄欠乏性貧血等が疑われ、低値の場合は、再生不良性貧血、急性白血病、肝硬変等が疑われます。
血清鉄 鉄欠乏の状態をみます。
血清フェリチン 可溶性の鉄貯蔵蛋白の一種です。低値の場合、鉄欠乏性貧血を疑います。

糖尿病検査

 

ヘモグロビン(Hb)A1c 高値の場合、過去1~2ヶ月間の血糖値が高いことを示します。
空腹時血糖 血液中のブドウ糖の濃度から糖尿病の診断を行う重要な検査項目です。血糖値が高い状態のまま放置すると、腎臓病、視力低下など、神経系にも合併症が生じるため注意が必要です
空腹時尿糖 尿中のブドウ糖を検出することが目的です。尿糖が陽性の場合、糖尿病の可能性を強く疑います。

循環器検査

血圧 赤血球の成分のひとつで、「血色素」とも呼ばれます。貧血の診断の指標となります。

心電図検査 ヘルスチェックプラスとは別オプション+ 3,000円

このような方に 検査項目 費用検査内容

循環器検査オプション

安静時心電図 心電図とは、心臓の筋肉が縮む時に生ずる電力の記録です。不整脈や心筋異常(心筋梗塞、狭心症など)、刺激伝達異常等、多くの情報が得られます。