クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

更年期障害とは

更年期障害とは

更年期とは、閉経の前後約10年間、閉経の平均が50歳くらいなので、一般には45〜55歳くらいまでをいいます。
更年期に入ると、卵巣の働きが衰えてきて、女性ホルモンが減少していきます。そうすると、脳の視床下部が卵巣機能を維持しようと全身に司令を出すのですが、その変化に脳と身体がついていけなくなって引き起こす様々な症状が更年期症状です。

のぼせ、ほてり、発汗などのいわゆる「ホットフラッシュ」といわれる症状から、冷え、動悸、肩こり、めまい、膝の痛み、疲労感、皮膚の乾燥感、また心の症状としては、イライラ、うつ気分、不眠、手中力の低下などなどの症状です。更年期の症状は「不定愁訴」と呼ばれるくらい、つかみどころがなく、体のさまざまなところで感じます。

プレ更年期とは、30代後半から徐々に女性ホルモンが減り始めるために起こる症状です。30代前半で起こる更年期に似た症状は、ストレスや過激なダイエットなどにより卵巣機能が低下し、女性ホルモンが減少するために起こります。

時期は多少違っても、女性ホルモンの低下はだれにでもやってきます。それなのに、症状の重い軽いが人によって異なるのはなぜでしょうか?更年期の症状は、女性ホルモンの低下だけでなく、ストレスや本人の気質なども複雑に絡みあって起こります。
まじめで几帳面、完璧主義で責任感が強い、人からどう思われているか気になる、すぐに人を頼りにしてしまう、こういった人はストレスをためやすく 更年期障害の症状も重くなりがちです。 また、更年期は ちょうど親の介護の問題、子供の問題など 日常生活での変化や悩みの多い時期でもあります。 日々の生活で感じるストレスは人によって千差万別であり、ホルモンバランスもまた人によって異なります。そのため、更年期の症状は百人百様です。

更年期障害の治療は、話を十分に聞いて、一緒に考えることが大切です。症状が軽い場合は、お話を伺うだけで改善することもあります。ホルモン療法を受ける場合でも、お話をよく伺うことで治療効果がより高まります。

更年期障害は、誰にでも起こりうることで、精神的に弱いわけでも、なまけているわけでも、我慢がたりないわけでもありません。実際に、ホルモン治療を始めたとたんにすっかり症状が消えて驚く方も少なくありません。月経がきちんと来ていても、更年期症状が出る人も多いので、40歳を過ぎて「何だか調子が悪いな」と感じたら産婦人科専門医にご相談下さい。

ライフスタイルの変化と更年期

昔の女性は、閉経する50歳ごろには亡くなっていました。しかし、現在、日本人女性は世界一の長寿を謳歌するようになりました。と同時に、晩婚化、少子化し、一人の女性が一生に妊娠する回数は大きく減りました。そのため、昔の女性は生涯で計50回前後しか月経がなかったのに比べ、現代女性は450回と9倍も月経が来ています。それでも、閉経時期は昔と同じ50歳ころ。こうしてみると、閉経後の人生がいかに長いかがわかります。だからこそ、更年期障害はあきらめないで、治療を行っていただきたいと考えます。

更年期障害の症状と診断方法

更年期障害
  • エストロゲン値の減少
  • 月経異常、のぼせ、ほてり、発汗
  • 倦怠感、抑うつ感、いらいら、不眠
  • 頭痛、目の疲れ、肩こり、腰痛、冷え
  • 関節痛、しびれ、のどのつかえ、尿漏れ
  • めまい、耳鳴り

などの身体の不調を感じますが、一般診察や各種検査にて特に異常がみつからない場合、更年期障害である可能性が高いとして血液検査を行い、卵胞刺激ホルモンとエストラジオールの値を調べます。卵胞刺激ホルモンとは卵巣が働いていない時に、脳の視床下部のレベルで卵巣にもう少し働きなさいと命令を送るホルモンです。したがって卵胞刺激ホルモンが高い値を示す時は更年期もしくは閉経の時期であると考えられます。またエストラジオールは卵巣から分泌される女性ホルモンですから、その値が低い場合は更年期もしくは閉経と考えられます。エストロゲンは、40代前後から急激に減少し始めるホルモンで、更年期では、エストラジオールが正常値に満たない人が増えます。そのため、これらの値を調べることによって更年期であるかどうかわかるのです。

更年期障害の治療

更年期障害の治療★ 1 カウンセリング

更年期であると診断された場合には、症状に応じて、まずはカウンセリングを行います。治療法にはまず本人の環境、生活におけるシチュエーションなどをよくお伺いし、生活改善指導を行います。更年期障害を治療するときに、まず気を配る必要があるのは食生活の改善です。女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少するとカルシウムが不足しますので、カルシウムを摂取することが大切になってきます、また、イソフラボンは更年期障害を軽減する作用がありますので、大豆や豆腐などの接種もおすすめします。更に、更年期の手足のむくみの原因のひとつは塩分のとりすぎであると考えられますので、塩分を含む、干物や漬物などを摂りすぎないように注意することが大切です。

更年期障害の治療★ 2 ホルモン補充療法

更年期障害 ホルモン補充療法

次に当院では、ホルモン補充療法をおすすめします。ホルモン補充療法を行う時には、まず子宮がある人と過去に子宮を摘出して子宮がない方とで使う薬が異なってきます。

子宮のある方には、一般的にはエストロゲンの錠剤(プレマリン、ジュリナ)などを処方します。しかし、これだけでは、どんどん子宮内膜が厚くなるため子宮体癌のリスクが高まってしまうので、それを防ぐために、同時に黄体ホルモン製剤(プロベラ、ヒスロン、ノアルテン)なども併せて処方する必要があります。

これら2種類の薬の成分(エストロゲンの錠剤と黄体ホルモン製剤の両方の成分)が一錠、もしくはパッチ一枚に含まれた配合剤(ウェールナラ配合錠、メノイエドコンビパッチ)もあり、使いやすいため当院では、こちらを処方することが多いです。(患者様のご希望や症状を聞いて、組み合わせを変えます)

一方、過去に摘出手術を経験されていて、子宮がない方には、そもそも子宮体癌のリスクがありませんので、黄体ホルモン製剤を使用する必要がありません。そのため、エストロゲンの錠剤単体、もしくはパッチ(エストラーナ、フェミニスト)などを使用します。塗るだけで済む、エストロゲンの塗り薬(ジェル)ル・エストロジェルを処方することもあります。

(以前は保険が適用できず、非常に高価に感じられるお薬でしたが、保険適用が開始されて身近な薬となりました。)

更年期障害の治療★ 3 漢方療法

更年期障害 漢方治療

ホルモン補充療法は、心臓や肝臓や腎臓に疾患を持つ人は受けることが出来ません。そのため、ご希望や患者様の症状に併せて漢方薬をおすすめすることもあります。漢方薬は自己免疫を高めて、身体全体のバランスを整えていくのですが、効き目が緩やかなので、はっきりした効果を確認しにくい面もあります。一方、一般の薬物療法に比較すると副作用が少ない点がメリットです。漢方薬は沢山種類があるため様々な効能を身体に取り入れることができます。

一般的に当院では、当帰芍薬散、加味逍遙散 、桂枝茯苓丸、抑肝散などを処方致します。これらの漢方薬を服用することにより、精神的なイライラ感・ホットフラッシュ・多汗などが改善される方もいらっしゃいます。

更年期障害の治療★ 4 プラセンタ療法

更年期障害 プラセンタ

当院における更年期障害の治療において、比較的効果が見られるのが、プラセンタ療法で、自己免疫力があがって体調がよくなった方がいらっしゃいます。プラセンタエキスを取り入れることで、身体を若々しい状態に保っているのがプラセンタ療法です。

私が、更年期障害の治療にプラセンタをおすすめする最大の理由は、「副作用が少ないこと」にあります。ホルモン補充療法は、人によっては、副作用が見られるケースがありますが、プラセンタ注射は副作用がほとんどありません。
その上、患者さんによっては続けることにより効果が期待できる場合が多いことを見ておりますので、おすすめしております。プラセンタ注射(メルスモン)は、更年期障害に対する保険適用が厚生労働省から許可されている医薬品です。更年期の症状が見られた場合には、当院ではプラセンタ注射を保険適用でお受けする場合が多くなっております。患者様の症状やご年齢などによりますので、詳しくは、診察の時に医師までご相談下さい。

※ 保険適用の場合、3割負担で490円のご負担(再診料を含む)になります。
※ 初診時には、初診料が加算されます。(再診料はかかりません)

更年期障害は、身体的症状だけでなく、神経症状が現れることもあるので、精神安定薬や睡眠導入剤を処方することもあります。また、精神科でのカウンセリングをおすすめすることもあります。ご希望によっては、古来から行われているツボ刺激をご説明させていただくこともあります。

治療法についてのまとめ

  • カウンセリング
  • 薬物療法(ホルモン補充療法 / 漢方療法 / プラセンタ注射・点滴 / 向精神薬)

当院でのHRT(ホルモン補充療法)

HRTの投与方法は大きく分けて3パターンで行っております。
閉経後どのくらい経つか、子宮があるか、出血を望むかなどにより投与方法が異なります。

①エストロゲン・黄体ホルモン(プロゲステロン)周期的併用療法

→閉経前後の人に向いています
エストロゲンを連日または1ヶ月のうちに3~4週間投与し、10~14日間だけ黄体ホルモンを併用投与します。定期的に生理様出血を伴います。

②エストロゲン・黄体ホルモン(プロゲステロン)持続的併用療法

→閉経から数年経っている人に向いています
エストロゲンと黄体ホルモンを毎日投与する方法です。
最初の半年ぐらいは予定外の出血を認めることもありますが、薬の投与量を変えることにより徐々になくなってきます。
閉経から数年経って、定期的な出血を望まない人に向いています。

③エストロゲン単独投与法

→子宮を摘出された方に行っています
エストロゲンのみを連日投与する方法です。子宮を摘出された方は子宮体がんのリスクがなく黄体ホルモンを使う必要がないので、エストロゲン単独で行うことがあります。
HRTを行っている期間は毎回さまざまな副作用を含めたマイナートラブルを聴収させていただき、1年に1~2回は血液検査を含めた一般的な検査を行いHRT継続についてどうされるか検討させていただき、1年に1回は内診・子宮がん検診・超音波検査・乳房の超音波検査などを行います。

女性ホルモン剤を使うとがんになる?
子宮がある場合、エストロゲンの単独投与では、エストロゲンの子宮内膜増殖作用により子宮体癌の発症リスクが高まるとされています。したがって、子宮がある人には、プロゲステロンを併用するホルモン補充療法を行います。

また、ホルモン補充療法で乳がんのリスクが増えるという報告は、2002年にアメリカで発表され、日本でも騒がれたのですが、その後、2008年の日本人女性を対象とした大規模調査では、ホルモン補充療法は乳がんのリスクを高めず更年期障害に対しての使用はデメリットよりメリットのほうが大きいという結果が示されています。

日本ではまだ女性ホルモン剤はなじみが薄く、抵抗を示される患者様も多いですが、2~3ヶ月ホルモン補充療法をするだけで改善される例が多いですので、積極的に試してみることをおすすめいたします。

ホルモン剤の副作用と禁忌

ただし、エストロゲンは子宮内膜増殖などの作用を持つため、以下のような症状のある方には使用できません。

  • エストロゲン依存症の悪性腫瘍(乳がんや子宮体癌など)
  • 原因不明の不正出血
  • 血栓症
  • 重症肝機能障害
  • 脳卒中既往
  • 妊娠の疑われる方