クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

子宮頸がん、子宮体癌

子宮がん

子宮がんには子宮頚部(子宮の出口)から発生する子宮頸がんと子宮体内の子宮内膜から発生する子宮体癌があります。
それぞれ発生の好発年齢、原因、発生因子、リスクファクター、予防法が異なってきます。

子宮頸がん

子宮頸がんは子宮頚部(子宮の出口)に発生する悪性腫瘍です。
女性生殖器がんの中でも最も頻度が高いです。
近年、ヒトパピローマウィルス(HPV)感染との関連性が明らかになってまいりました。
HPVは性交渉により感染するウィルスで性交渉年齢が低い(早い時期から性交渉がある)事を理由として、若年者(30歳〜40歳)に多くなっています。
前癌病変である異形成や上皮内癌では症状を呈することはなく、無症状です。
そのため、早期子宮頸がんは、本人の自覚症状を感じての受診よりも、むしろ子宮がん検診で発見されることが多い為、早期発見のためには毎年健診を受けて頂くことが重要です。
症状としては 性交渉後の接触出血や生理以外の時期の不正性器出血があります。

予防法はHPVの感染を防ぐことですが、HPVは一度でも性交渉経験のある女性なら生涯に感染する確立は80%以上と推測されています。性交渉経験を遅くし、性交時には必ずコンドームを使用し、複数のパートナーとの性交渉を避けることが大事と言われています。
ただし、性交渉が活発な女性がそうでない人に比べ子宮頚がんになる確立がわずかに高いとしても、子宮頚がんになった患者さんの中には性交開始年齢も早くなく、性交の相手の数も多くない人が大勢います。それにもかかわらず、子宮頚がんの患者さんの中には「初体験が早かった」「男性経験が豊富で遊んでいる」といった周囲から決め付けをされ、身体的な苦痛に加え精神的な苦痛も感じる方が多いのです。
前述したように、HPV感染そのものの原因が性交にあったとしても感染が持続し前がん状態を経て子宮がんになるのは性交の初体験の時期や相手の人数とは別次元と考えてください。
それにもかかわらず、多くの医療従事者や周囲の人からの誤解や決め付けで精神的な苦痛を強いられているのです。このような誤解は決してあってはならないと私は思います。

子宮頚がんの検査

子宮頚がんの早期発見はズバリ検診を受けて細胞をチェックすることです。
子宮頚がんは前がん状態およびごく初期の段階でみつけ、治療を行えば妊娠の可能性はもちろんのこと完治する可能性もあります。
内診台に乗るという抵抗はあると思いますが、検診自体は痛みもほとんどなく時間もかかりません。怖いというイメージを払拭してぜひ検査をお受けになってください!!
検診で採取した細胞は細胞診ベセスダシステム(詳しい記載は省略させて頂きますが、HPV感染が子宮頚がんの原因であるとの概念から少しでも見逃しを減らそうという工夫がされている方法)と従来のクラス分類で判断されます。

◎クラス分類(Ⅰ~Ⅴ)に分かれます

クラスⅠ~Ⅱは正常
クラスⅢは細胞に異形成などの変化がみられる
クラスⅣはがんの可能性が高い
クラスⅤは明らかにがんである

クラスⅠ~Ⅱは年1回の検診で構いません。
クラスⅢは子宮頚部異形成という状態で細胞変化が軽い軽度異形成(LSIL)と変化の強い高度異形成(HSIL)に分類されます。
また、前述のベゼスダシステムでHPVの感染があり明らかな細胞変化と判断するに満たない境界的な変化をもつ所見をatypical squamous cells of undetermuned significance(ASC-US)に分類されます。
軽度異形成の時は3ヶ月ぐらいおきに細胞検査を繰り返し経過観察しますが、高度異形成のときはコルポスコピーでさらに詳しく観察し子宮頚部の組織を生検します。

子宮頚がんの治療

がんの進行状況に準じて行います。

高度異形成の場合

→円錐切除術
→レーザー蒸散法

上皮内がんの場合

→円錐切除術(挙児希望あり)
→単純子宮全摘術

浸潤がん

→広汎子宮全摘術(子宮・卵巣・リンパ節全てを摘出する)
がんの広がりによっては手術を行わず、放射線療法・化学療法を行うこともあります

☆早期発見・治療が重要です。
症状がなくても細胞異常は発見されます。必ず定期検診を少なくとも1年に1回は受けましょう。

子宮がん検診について詳しくはこちら

子宮体がん

子宮体がんは子宮の中の子宮内膜(通常毎月女性ホルモンの影響を受け厚くなって月経としてはがれる部分)に発生するがんで、発生母地から子宮内膜がんとも呼ばれます。
以前は子宮がん全体の10%程度でしたが近年増加傾向にあり、現在では子宮がん全体の30~40%くらいを占めるほどになってきました。
これは日本人の食生活の変化による肥満の増加や、お産をする年齢が高齢化または未経産の方が増えているなどが原因と言われています。
40歳から60歳代の閉経前後の方に多く、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)のバランスの変化が原因と言われています。通常このエストロゲンとプロゲステロンの作用は拮抗しあっており、エストロゲンが子宮内膜を厚くしプロゲステロンが内膜をはがし清掃する状態を保ってますが、このエストロゲンの相対的な過剰な状態(unopposed estrogen)になると子宮内膜の細胞が過剰な状態となり、子宮体がんになりやすくなります。

子宮体がんにはエストロゲン依存性に発生するもの(Ⅰ型)と別の原因で発生する(Ⅱ型)→子宮内膜増殖症を介さないでがん化する(de novoがん)があります。

子宮体がん(Ⅰ型)のリスクファクターとして

  1. 肥満の方(エストロゲン産生が盛んなため)
  2. 妊娠・出産の経験のない方
  3. 多のう胞性卵巣症候群の方(排卵がないため黄体ができないのでプロゲステロンが分泌されない)
  4. 更年期障害の治療でエストロゲン製剤のみを長期投与している方
  5. 乳がんでホルモン治療を受けている方

があげられます。

子宮体がんの症状

初期には痛みは伴わず、不正性器出血が最も多いです。(出血の状態は褐色~黄色帯下または膿のようなものもあります)
痛みが現れる時は子宮体部をこえ骨盤内の組織へ浸潤している状態です。

子宮体がんの検査法

40歳以上で上記のような不正性器出血があり、おりものの増加のある方には内膜細胞診を行います。多少の痛みを伴いますが検査を受けたほうが良いでしょう。

◇子宮体がんの予防

一般的には生活習慣の改善として肥満にならないよう心がける(食事・運動など)こと、または低用量ピル(OC)を服用することがあげられます。
低用量ピルは排卵を抑え子宮内膜を薄い状態に保つ働きがあるため(卵巣がんのリスクを下げるとともに)子宮体がんのリスクを下げます。また、月経不順の改善のためには低用量ピルは有効です。

子宮体がんの治療

原則手術療法で子宮を摘出します。
ただし、ごく稀に若年者で妊娠を希望される方にはホルモン療法を選択する場合があります。