クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

ピル(OC)とは

ピル(OC)

ピルとは経口避妊薬のことです。コンドームは正しく使用した場合でも約3%の失敗率があり、より確実な避妊のためには、低用量ピルの服用がおすすめです。
ピルには避妊のほかに、月経痛や子宮内膜症の症状改善、にきび治療、貧血予防、多毛、肌荒れの解消、卵巣ガン、子宮体ガンの発症率の低下などの副効用があり、現在は服用者の6割が避妊以外の効果目的のユーザーといわれています。

また、試験や旅行にあたらないよう服用するピルなどもあり、様々な種類の中から患者様の用途、要望に応じた処方をさせていただきます。

ピル(OC)の効用・効果

  • 避妊
  • 月経困難症(生理痛)の改善
  • 月経周期が規則正しくなる
  • 月経周期の調節ができる
  • 貧血の改善
  • 月経前症候群(PMS)の改善
  • 子宮内膜症に対する症状の改善
  • にきび、多毛症の改善
  • 卵巣癌、子宮体癌の発症率の低下

上記のようにOCには現代女性がかかえる女性特有のトラブルや病気に対しても効果が期待されます。

ピルの副作用

主な副作用として、特に飲み始めには軽い吐き気、不正出血などが出現することがありますが、だいたい2~3周期以内におさまります。
内服時間を就寝前にするなどの工夫が効果ある場合があります。尚、太ったりすることもありません。
重大な副作用として「血栓症」がありますが、正常血圧の非喫煙者における発現率は極めてまれであり、自然妊娠における発現率の6分の1にすぎません。
また、OC(ピル)を服用したことで将来妊娠しにくくなるなどという事は全くありません。
OC(ピル)は子宮内膜症の治療にもなるので、今は赤ちゃんを望まないが結婚後は欲しいと考えている方は、むしろきちんと使用された方がいいといえます。

当院でのお取り扱いピルについて

当院では薬事法の規制によりお薬の製品名の表記を差し控えさせて頂いておりますが、すべての患者様のご要望に応えることができるように、国内で現在販売されているすべての製品のお取り扱いを致しております。(日本の薬事法で未認可の海外からの輸入品のお取り扱いはしておりません。)

また、産婦人科専門医の診療する医療機関ですので、月経困難症や子宮内膜症の治療薬である保険適用のピルのお取り扱いも致しております。保険適用のピルは海外では主に避妊薬として認可を受けているものですので、理論的には避妊効果はあるのですが、日本ではあくまでも月経困難症を目的とした治療薬なので、それ以外の効能目的で処方することが出来ません。

月経困難症とは、月経直前または月経開始とともに、下腹痛や腰痛、眠気、頭痛、イライラ、憂鬱などが強く表れる状態を言います。月経困難症かな、と思われる方はまずはお気軽に医師までご相談下さい。

費用・料金(自費)

低用量ピル(先発医薬品) 2,500円/1シート
低用量ピル(ジェネリック) 2,000円/1シート
月経移動ピル 受験前のコントロールピル 3,000円 / 1シート

※ 検査を行った場合、別途料金がかかります。
※ 別途消費税がかかります。
※ 指導料、初診料はいただいておりません。

費用・料金(保険)

低用量ピル(先発医薬品)  
低用量ピル(ジェネリック) 890円/1シート~
先発医薬品 1,960円/1シート~

※保険のため、別途、初診料・再診料がかかります。
※保険適用となるのは医師の診断の結果、月経困難症や子宮内膜症と診断された時に限られます。