クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

2D胎児超音波検査(他院通院中の患者様向け)

「赤ちゃんを記念に4Dで撮影するのでははなく、超音波検査をしてほしい。」「助産院に通院していて、普段はエコー検査をしていないので、エコー検査を受けたい。」「海外に在住していて海外の病院ではエコー検査をほとんど行わないので、帰国のタイミングで見てもらいたい。」当院で妊婦健診を受診していないけれど、そのようなご希望のある患者様向けに、2Dエコーによる胎児超音波検査を開始致します。

万が一、2D胎児超音波検査において胎児に何らかの異常がでみつかった場合には、高次医療機関に精査の依頼を致します。高次医療機関で精査した結果、異常が見つかった場合には、赤ちゃんにとって最適な分娩施設を選択したり、適切な分娩の時期や方法を決定したりすることが可能になります。

尚、この検査は4Dエコーにも使用するVolsonE8/S8を使用いたしますので、胎児の向きなどの状態が良く、順調に検査を行えている場合に限って、4Dエコーによる撮影も短時間行えることがありますが、4Dエコー外来とは異なって胎児のお顔を出すことを目的としてはおりませんので、4Dの時間はごく短時間となります。また、必ずしも赤ちゃんのお顔を見ることができるとは限りません。赤ちゃんとじっくり4Dでの対面をご希望の場合には、2D胎児超音波検査ではなく4Dエコー外来を受診して下さい。

4Dエコーと2D胎児超音波検査の両方を当院にてお受け頂くことも、もちろん可能ですが、長時間の超音波検査はゼリーでお腹が冷えたり張ったりしておすすめ致しませんので、その場合にはご足労ではございますが、後日改めてご来院頂けますようお願いいたします。

目的

2D胎児超音波検査は胎児の成長や発育を調べるための検査です。検査の目的である赤ちゃんの発育の評価は主に2D超音波で診断する必要があるため、2D超音波における検査時間が大部分となります。

妊婦健診との違い

当院の妊婦健診においては胎児の成長を継続的に診断致します。また妊娠中期超音波検査(スクリーニング検査)では、胎児の向き等が検査に適さないと判断した場合は、翌週に再スクリーニング検査を行います。他院の患者様についてはこれらが現実的に難しいため、そのタイミングで見える範囲での限定的な検査になります。さらに血液検査の結果や染色体の検査と総合的に判断すべき内容についても判断が出来ませんので、2D超音波で判断し得る限りの範囲での検査を行います。

スクリーニング検査

18週以前では胎児の器官の発育が未発達な場合があることなどから、中期超音波検査(スクリーニング検査)については19週/20週に限りお受けしております。それ以外の週数については、スクリーニング検査ではなく、通常の妊婦健診と同じ、胎児の成長や発育を調べる検査になります。

4Dでの撮影

スクリーニング検査を行わない場合で、胎児の向きなどの条件がよく、胎児の測定や発育の評価が順調に行えた場合に限って、残りの時間を4Dエコーに当てることが出来る場合があります。ただし、向きによっては赤ちゃんのお顔が見えないことがあります。また、この検査の目的は胎児の成長や発育を調べることにあり、胎児の発育の評価は主に2D超音波で診断する必要があるため、2D超音波における検査時間が大部分で4Dの撮影時間はごくわずかになります。なお、19週/20週でスクリーニングを行う場合には検査の項目が多く時間が足りないため4Dエコーは行えません。4Dエコーにてじっくりとお腹の赤ちゃんをご覧になりたい場合は、4Dエコー外来のご予約を別途お取りください。

性別判定について

患者様がご希望の場合、性別について検査を致します。ただし、超音波検査の判定は100%ではないことをご了承下さい。また、胎児の向きや体勢等の条件によっては、判定出来ないことがあります。

検査時間

予約時間には患者様の着替えや問診の時間も含まれます。胎児の成長や発育を調べることを目的としております為、長時間撮影をすることではなく、当院の定める検査項目をすべて終了することを基準とさせて頂きます。

費用

6,500円(DVD )※USBの場合は+500円

※ 検査費用を含む。非課税。
※ USBの方がDVDより容量が少ないため、複数回の来院を予定されている場合には重ね撮りできる容量が少なくなります。
※ 土曜日は当院の妊婦さんで混雑する関係で2D超音波検査はお受けしておりません。(4Dエコーはお受けすることがあります。詳しくは予約システムにて予約枠をご確認下さい。)
 
 

データの重ね撮り

  • 4Dエコーと合わせて複数回ご来院下さる患者様がいらっしゃいます。DVDの場合は4~5回まで、USBの場合は2回まで重ね撮りが可能です。重ね撮りの場合はお渡ししたDVD/USBをご持参頂ければ次回のメディア費用は頂きません。(DVDの場合は500円引き、USBの場合は1000円引きで次回、受診いただけます。)
  • お忘れになった場合や、データ容量を超えた場合には、再度、DVD/USB代金を頂戴致します。
  • データが破損して重ね撮りが出来なくなった場合にも、申し訳ございませんが再度ご購入いただきますのでご注意下さい。

おことわり

当院で妊婦健診をお受けの方のスクリーニング検査においても言えることですが、胎児超音波検査で胎児の病気が、すべてみつかるわけではありません。病気によっては胎児エコーではわからない病気もたくさんあります。どんなに一生懸命にスクリーニングを行なっても生まれてみなければわからない病気が数多くあります。
さらに赤ちゃんの向きや体勢によっても見つからない場合もあります。エコーで胎児の異常が見つかる割合は50%前後と言われており、残りの50%はエコーをしても見つからないとされています。当院の超音波検査士・臨床検査技師・助産師・医師は超音波検査においてベストを尽くすように努めておりますが、残念ながら見つからなかった異常についての責任を負うことはありません。超音波検査にも限界があるということを、ご理解頂ければ幸いです。