インフルエンザ予防接種を開始致しました

今年も早いことにインフルエンザワクチンの季節がやってまいりました。
当院に通院中の妊婦さん以外でも、他院に通院中の妊婦さんや、ご同伴のご主人様、パートナーの方もご一緒にお受け頂くことが出来ます。

本年度は供給が不足しているとの報告があり、10月中は当院にお通いの妊婦さんから接種を開始してお受けしておりましたが、11月の現時点におきましては、在庫が安定してきましたために他院に通院中の妊婦さんや、妊婦さん以外の一般の患者様にもお受け頂くことができるようになりました。(2017年11月末までの分の在庫が見込めるようになりましたので、妊婦さん以外の一般の患者様にもお受けいただいております。万一、在庫が少なくなりましたら、一般の方はお断りする場合もございます。在庫状況はこちらのページにて随時更新致しますので、ご来院時にご確認下さい。)

ワクチンは例年、厚生労働省等が種類を決めていますが、今年は使用する「株」が製造過程で変更となり、各メーカーの製造開始が遅れていたため、10月~11月には一部の医療機関においてインフルエンザワクチンが足りない状況にあるとのことでございます。しかしながら、12月には回復して来る予定ですので、どうぞ慌てずに妊婦さんやご高齢の方などを優先としてのワクチン接種にご協力をお願い申し上げます。

妊婦さんのインフルエンザワクチン接種について詳しくはこちら

 一昨年より4価のインフルエンザワクチンが接種開始されております

一作年より日本でも4価のインフルエンザワクチンが使われております。
  かつては、B型インフルエンザのうちの主に流行する2つの株から、「今年はどれが流行するのか?」を予測し、どちらか一方だけをワクチンに入れる方法がとられてきましたが、最近は2株のB型インフルエンザが同時流行する傾向が増えてきたため、流行するインフルエンザのタイプをほぼ網羅することができる4価のインフルエンザワクチンが日本でも接種開始されております。

 費用

妊婦さん・一般の方 :    3,300円

横浜市在住の65才以上の方 : 2,300円

乳幼児:   大変申し訳ございませんが、お受けしておりません。

ワクチンは接種後、抗体が出来るまでに2週間から4週間かかると言われています。
充分な免疫力を獲得するためにお早めの接種をおすすめ致します。

なおワクチンの在庫に限りがございますので、お電話にてご予約の上、御来院頂けますと幸いです。

妊婦さんのインフルエンザワクチン接種について詳しくはこちら

的野ウィメンズクリニック院長  045-435-1107

投稿日:2017年11月8日|カテゴリ:お知らせ