クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

《マンモグラフィ稼働日時》
第1、第3、第5火曜日(15:00-18:00)
第2、第4金曜日(15:00-18:00)
毎週土曜日(9:00-12:00)
その他の日時は乳腺エコー(予約制)での対応となります。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

プラセンタとは

プラセンタは英語で胎盤という意味です。 しかし健康食品や化粧品で「プラセンタ」と呼んでいるのは胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクタ)や他の栄養素を抽出したものことです。

胎盤(プラセンタ)とは、胎児と母体をつなぎ、胎児を育てる臓器で、子宮内壁に着床後の受精卵から作られます。妊娠期間の約10ヶ月の間に、わずか約0.1ミリの一つの卵を、体重約3キロの赤ちゃんに成長させる驚異的な力を持つ「生命の源」です。

胎盤には、アミノ酸、たんぱく質、糖類、脂肪酸、酵素、ビタミン、ミネラルなどの豊富な成分に加え、細胞の増殖や分化を促進する活性ペプチドが含まれており、まさに「栄養と活力の宝庫」と言えます。

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を注射、内服などにより治療に用いる療法の総称をプラセンタ療法と言います。プラセンタ療法はもともとは子宮内膜症や肝炎の治療に使われていたものを、プラセンタ注射を受けた方から「シミが薄くなった」「肌の状態が良くなった」「疲れにくくなった」という声が多く寄せられ、美容の目的としても使われるようになりました。プラセンタの点滴は、多くの種類のビタミンも配合されています。

肌状態の改善(シミ、シワ、ニキビなど)をはじめ、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の改善、肝炎の改善や肝機能強化、疲労回復、睡眠の改善、うつ病に効果があります。その他、肩関節、膝関節の機能改善や脊椎管狭窄症への効果も報告されています。

プラセンタの歴史は古く中国では始皇帝が不老長寿の妙薬として用いたと言われています。日本では1050年頃、稗田憲太郎博士による胎盤組織を用いた治療法が普及しました。その後、肝硬変の薬として1959年に厚生省の許可を受け、以後肝機能障害の患者様を中心に使用されてきた歴史の長い注射薬です。

その成分は必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルの他に様々な成長因子が存在します。豊富な栄養成分と病理作用により細胞の活性化や免疫力の強化、炎症を抑える、血行を良くすることなどが確認されています。

プラセンタ療法の歴史

◎紀元前から薬用に用いられてきた!!

プラセンタには、東西を問わず、紀元前の昔から薬として利用されてきた長い歴史があります。古代ギリシャの医師ヒポクラテスは患者の治療に、また、エジプトの女王クレオパトラや、フランス国王ルイ十六世の王妃マリー・アントワネットは、自身の美容のために利用したといわれます。

また、中国では、不老長寿の妙薬として、秦の始皇帝や、それ以後の歴代の皇帝たちが用いたとされています。また、楊貴妃も美容のために用いたと伝えられています。さらに、明時代の薬学書『本草綱目』には「紫河車」の名での記載が認められています。現在でも中国の医薬品には紫河車が含まれており、欠かすことのできない生薬の一つとなっています。一方、日本では中国から生薬として伝わり、江戸時代には、紫河車を配合した「混元丹」という滋養強壮の薬が加賀の三大秘薬の一つに教えられました。

◎西洋医学的な使用法の開発

このように長い間、漢方薬的な使われ方をしてきたプラセンタを、最初に西洋医学的な療法に使用したのは、旧ソ連オデッサ医科大学のV・P・フィラートフ博士でした。博士は1930年代、埋没療法(組織療法)を開発し、この療法にプラセンタを用いました。

◎日本で注射剤などが開発される

日本人の独自の研究によるプラセンタの内服剤も戦後誕生しました。また、1950年代に入ると、より安全で簡単な治療が可能な、プラセンタ抽出エキス由来の注射剤が開発されました。さらに、1970年代には化粧品、1980年代後半にはサプリメントなどへのプラセンタエキスの応用が活発化しました。そして近年、医療面でもプラセンタエキスに対する注目度がより高まってきています。

プラセンタに含まれる主な成分

胎児の発育を支えるプラセンタにはたんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素をはじめ、人間に必要とされるほとんどの栄養素が含まれます。主なものを、下記に挙げます。

  • たんぱく質・・・アルブミン、グロブリンなど
  • アミノ酸・・・ロイシン、リジン、バリンなど
  • 脂質、脂肪酸・・・コレステロールなど
  • 糖質・・・グルコースなど
  • ビタミン・・・ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC、D、Eなど
  • ミネラル・・・ナトリウム、カルシウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛など
  • 核酸・・・DNA、RNAなど
  • ムコ多糖類・・・ヒアルロン酸など
  • 酵素・・・アルカリホスファターゼなど

また、プラセンタには、全身の細胞を活性化するさまざまな「成長因子」が存在することも確認されています。プラセンタが作り出すこれらの成長因子は細胞分裂を活発にすると共に、胎児の細胞を各種臓器へとつくり替えていく働きをします。

その中の「肝細胞増殖因子」は、肝臓だけでなくほかの臓器も修復・再生させることから、再生医療の分野で大変、注目されている物質です。

プラセンタのさまざまな薬理作用のうち、主なものは次の通りです。

  • 自律神経調整作用・・・自律神経のバランスを整える。
  • 内分泌調整作用・・・ホルモンを調整する。
  • 免疫賦活作用および免疫調節作用・・・免疫力を強化するほか、その働きを正常に保つ。
  • 基礎代謝向上作用・・・基礎代謝を活発にし、細胞や臓器などの働きを高める。
  • 抗炎症作用・・・炎症を抑える。
  • 強肝、解毒作用・・・肝臓の働きを強化し、解毒作用などを高める。
  • 活性酸素除去作用・・・活性酸素による酸化を防ぐ。
  • 血行促進作用・・・血液の循環を改善する。

多様な疾患に効果があります

プラセンタについては、多岐にわたる疾患に効果を示すとの報告が次のような疾患などに有効であると言われています。

  • 産婦人科疾患・・・更年期障害、乳汁分泌不全、生理痛等
  • 肝臓疾患・・・肝炎、肝硬変など
  • 肌の老化・・・肌荒れ、乾燥肌など
  • 精神神経疾患・・・うつ病、自律神経失調症、不眠症など
  • アレルギー疾患・・・アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症等
  • 整形外科疾患・・・肩こり、腰痛、ひざ痛など
  • がんの治療によるQOLの低下

なぜ、効果があるのか、という問いに対する明確な答えは、現在のところ見つかっていません。しかし、前途のような薬理作用が総合的に働いての効果だとはいえるでしょう。

例えば、交感神経(緊張させる神経)と副交感神経(リラックスさせる神経)のアンバランスによる、自律神経の変調がかかわる更年期障害などにプラセンタが有効なのは、そのアンバランスを改善するように自律神経調整作用が働いているためと考えられます。

様々なプラセンタ療法

「プラセンタ療法」とは、プラセンタエキス、つまりヒトや動物の胎盤から抽出したエキスを治療などに使う療法のことです。日本では現在、このプラセンタエキスを原料とした注射剤、内服剤、サプリメント、化粧品などが実用化されており、病気治療や健康増進、アンチエイジング(抗老化)や美容などのために、それらのものを単独で、あるいは組み合わせて使用する各種のプラセンタ療法が存在しています。

したがって、疾患の種類や症状の程度にもよりますが、例えば注射が苦手な方や、プラセンタ療法を受けられる医療機関への通院が困難な方などには、内服剤やサプリメントが、また美容のために手軽にプラセンタの効果を得たいという方には、化粧品などもありますので、ケースバイケースでの選択が可能です。

ちなみに、注射剤の原料はヒトのプラセンタエキスで、一方、内服剤やサプリメントではブタやウマ、化粧品ではブタのプラセンタエキスが使われていますが、効果という点では、ヒトのプラセンタエキスと同程度とされています。

また、当院ではツボ注射や点滴などによる治療も行なっております。