クレジットカード

5,000円以上のお支払いに限り
クレジットカードが使えます。

当クリニックについて

 
午前
午後

午前9:30-13:00/15:00-19:00
(受付は診療終了の30分前で終了)

☆土曜日の診療は9:00-11:30、12:00-14:30(11:30-12:00は休憩)となっております。

《マンモグラフィ稼働日時》
第1、第3、第5火曜日(15:00-18:00)
第2、第4金曜日(15:00-18:00)
毎週土曜日(9:00-12:00)
その他の日時は乳腺エコー(予約制)での対応となります。

休診日:水曜・日曜・祝日

詳細はこちら

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋1-6-14
白楽メディカルセンター4階

東急東横線「白楽」駅徒歩1分

詳細はこちら
ヘルスケア大学 フェイスブック

月経前の頭痛の原因とその対策

患者様からよく受ける相談に、月経前の頭痛についてのお悩みがあります。

◆ 月経前の頭痛の原因とその対策はどうしたらよいですか?

月経前の頭痛には月経周期を作る女性ホルモンのうちの、エストロゲン(卵胞ホルモン)が関係しています。このエストロゲンが減少すると脳内神経伝達物質であるセロトニンが減少します。セロトニンが減少することにより脳内の血管が拡張され、血管の周囲の神経が刺激されて頭痛が発症します。
エストロゲンは排卵前にピークを迎えて排卵後に急激に減少するので排卵から月経直前までに頭痛が起きやすくなります。

同じような頭痛でも、エストロゲン減少によるものだけではなく、もっと深刻な病気の場合もありますので、痛むタイミングを記録して、生理の周期と照らし合わせてみると良いでしょう。

◆ 痛みに対する対策は?

  • ホルモンバランスを整えるために、リラックスして規則正しい生活を心がけましょう。
  • 冷えに対する対策(日頃ストレッチやウォーキングなどの軽めの運動やゆったりとした入浴など)で血行をよくしてホルモンバランスの乱れを改善させる。
  • バランスの良い食事を心がけ、たんぱく質やビタミンの摂取を優先し、カフェイン・アルコールなど頭痛を誘因する刺激物をなるべく避けるようにしましょう。
    豆腐や納豆など大豆使用した食物にはイソフラボンが含まれているので効果がもてます。
  • それでもなかなか効果がない時は、

頭痛に対するツボ

(百会・ひゃくえ)は頭のてっぺんから両耳と鼻の延長線が交わる点にあります。指の腹を当て、下方にむけて心地よく感じる強さで押すことにより、頭の血行を良くして体をリラックスさせる効果があります。
その他、首の後ろにある(天柱・てんちゅう)(風池・ふうち)、首と肩先の真ん中にある(肩井・けんせい)というツボも有効です。
片頭痛持ちの方には同時に耳の後ろにある(寛骨・かんこつ)(天容・てんよう)を押すと有効です。

頭痛に効く漢方

月経前には(桂枝茯苓丸)(加味逍遥散)
片頭痛には(呉茱萸湯)
その他(葛根湯)(五苓散)(釣藤散)も慢性頭痛に有効とされています。

市販薬を服用する

一般的ですが、バファリンやロキソニンなどの即効性のある鎮痛薬の服用や月経前症候群の症状にはチェストベリーエキスを使用した「プレフェミン」などの市販薬もあります。

日常生活に過度な支障をきたすような時は産婦人科を受診し低用量ピルや漢方などの処方を含め、相談していただければと思います。また、同じPMSでも肩こりや易疲労感等については、医学的根拠は特定出来ていませんが、プラセンタ注射で改善される例もありますので、そのような場合もご相談下さい。